婚約指輪はぴったりサイズで快適に身に着けたい

婚約指輪は、プロポーズの時に男性が準備をしておいて、サプライズで渡すというカップルもいます。

ちょっと映画やドラマのようですが、プロポーズの思い出となって長く二人の間に残るし、女性はこうした演出には弱いものです。

一方、日頃からリングやジュエリーに詳しい二人ならともかく、相手の女性のリングサイズを良く知らない男性もいますから、サプライズで贈られた婚約指輪が、指に入らないとか、指でぐるぐる回るということは、ままあります。

お店の方も慣れているので、大体のお店がサイズ修正をうけつけてくれます。

現物からサイズ修正をすることもできるのがリングの良いところ。

イージーオーダーが主流になった現在では、買う時にある程度サイズを見て購入することも容易です。

中にはリングを切ったりつないだりというようなサイズ修正が縁起が悪いと考えるカップルもあるようですが、現在ではサイズの合わないものを身に着けるよりは、指のサイズが変わったら、リングもサイズをなおすということが、気軽に行われるようになっています。

気をつけるポイントはサイズの他にそのデザインが彼女の趣味に合うか、指輪は実用性のあるものかどうかなど幾つかあります。

婚約指輪を渡すというのはまず一生に一度という事がほとんどになるでしょうから、こうすればよかったと後で思う事のないように、婚約指輪を購入する前に色々調べておきましょう。